« NAGOYA OYSTER BAR | トップページ | Excelで予定表を作ってみた »

NAVER LINEをiPod touchに入れてみた

さて、早いもので今年も下半期に突入してしまいましたよ。7月といいますとね、唐突にサービスインが発表されたキャリア間SMSがまもなく始まります。何年もやるのやらないのでゴチャゴチャ言ってたのにね!

ま、普通にeメール使えば他キャリア宛にメッセージ送れるんで、いるか?ってぇと微妙です。アドレスじゃなくて電話番号宛にメッセージが送れるってだけ。

というわけで電話番号をキーにメッセージをやり取りするといえば、これまた唐突に発表された感のあるNAVER LINE

■ NAVER LINEって?

  • 携帯電話番号をキーにメッセージ交換するのでキャリアフリー
  • iOSおよびAndroid用アプリがあり、フィーチャーフォン向けにはケータイサイトがある(たぶん)
  • メッセージはクローズド
  • プッシュ通知でリアルタイムにやり取りできる

とまぁこんな感じで、見知った仲間内でのTwitterみたいなもんかな?と思います。

3月以来、TwitterやFacebookが脚光を浴び、ケータイメール以外の通信インフラの必要性が叫ばれて(?)いますが、昨年末にやっとこさケータイを保有したウチの両親にはたぶん無理!!でもこれなら使えるかな?

完全クローズドだから、第三者の目を気にせずメールのノリで使えそうだし。

■ 試しに使ってみよう

SMSで登録キーが届くフィーチャーフォンの登録の仕方は知りません。スマートフォンならアプリをインストールして携帯番号を登録するだけ。

すぐに登録キーの書かれたSMSが送られてくるので、これを入力すればアクティベーション完了。

微妙にBlackBerryとかハブられているので、スマホじゃないけどiPod touchにインストールしてみた。登録するケータイ番号はソフトバンクのプリモバイル


動いちゃいましたよ。初回のSMS受信のためにケータイは必要ですが、アプリ自体は動作時にSIMの情報とか読むわけじゃないみたい。登録キーが書き込まれた時点でアプリとケータイ番号が紐付けされるんだね。

ちょうど先日、Satoshi-chanがAndroidデビューしたんで、ちょっと相手してもらいました。

メッセージの応酬メッセージの応酬

いきなり何の情報もなしにLINEに招待。(^_^;

緑色のフキダシがこちら側。iOSアプリをソフトバンクのSIMで認証してWiMAX接続しています。つまり一切ケータイインフラ未使用。白いフキダシは相手側でたぶんAndroidアプリにAUのSIMでAUインフラ利用。

LINEの何たるかを説明しつつ操作感をチェック。…チャットだな。普通にクローズド掲示板チャットだわ。

位置情報や画像も貼れるいちおうテキストメッセージだけじゃなくて、GPSの位置情報や画像も貼れます。

LINE公式サイトのトップにある動画のような使い方ができます。

※2011年10月16日追記:

LINEとtouchのその後(w

|

« NAGOYA OYSTER BAR | トップページ | Excelで予定表を作ってみた »

コメント

どうしたらiPod touchでもLineが出来るんですか?
アプリをインストールして番号も入力したのに
認証番号が正しくないって言われるんですけど...

投稿: もちこ | 2011年11月18日 (金) 22時55分

もちこさん、ようこそ我が館へ!( ・∀・)
おかしいですねぇ。SMSで届いた認証番号を入力したら普通に使えたんですけどねぇ。
認証番号の有効期限がSMS受信後30分らしいのですが、時間切れとかかもしれませんよ。
もう一度トライしてみてはいかがでしょう?

投稿: Takeru-chan | 2011年11月19日 (土) 09時26分

そうします( ;´Д`)
auの携帯でもcメールできるから
いけますよね?

投稿: もちこ | 2011年11月19日 (土) 22時01分

あきらめないで!
と言っても月曜から一週間出張なのでお相手ができないのですけど…。

Leegal memoさんのサイトにau携帯の番号使ってLINEにiPod touch登録する実例がありましたよ。コチラを参考に、もう一度試してみませんか?

http://m-system.ddo.jp/~masa/wp/2011/11/15/2896

投稿: Takeru-chan | 2011年11月21日 (月) 00時28分

はじめまして、ipodtouch4をクリスマスに買おうと思ってます
いろいろなサイトをみてLINEの入れ方とかはわかったのですが、
わからないことがまだ、たくさんあります。

ipodtouchを家のPCをつないでいるルーターに無線で
つなげてインターネットをやろうと思っています。
(wifiは家限定で、)
その場合でもLINEで会話やチャットをするとパケット代が
請求されるのでしょうか?

SMS受信のメールは
私が今もっているWILLCOMでも出来るのでしょうか?

しつこく聞いてごめんなさい
わかる範囲でいいので返信待ってます。

投稿: 來蘭 | 2011年11月21日 (月) 15時43分

來蘭さん、ようこそ我が館へ!(⌒0⌒)/~~
わかることなら何でもお答えしますよ。

まずはパケット代。これはお家のルーターに繋ぐとのことですから、PC接続で契約している利用料と同じですね。恐らくADSLや光ファイバーなど定額の繋ぎ放題だと思われるので、追加費用は発生しないと思いますよ。プロバイダーとの契約内容を確認してみて下さい。

次にSMSですが、残念ながらWILLCOMはSMSに対応していなかったハズです。なので上に書いたLeegal memoさんのサイトのやり方で登録することになると思います。これに関してはぼくが実際にやったワケではないので確証はないですが…。

いずれにしても、うまく使えるようになるといいですね。(^-^)

投稿: Takeru-chan | 2011年11月22日 (火) 02時55分

早い返信ありがとうございます
くわしく答えてもらって、わかりやすいです。

父の携帯がドコモで、ドコモならできるでしょうか?

投稿: 萊蘭 | 2011年11月22日 (火) 05時19分

お父さんの番号を使ってもよいかどうかは別の問題ですが、ドコモなら登録できますよ。(^o^)
前回お答えしたとおり、LINEの利用にあたり携帯キャリアへの支払いは一切ありませんから大丈夫。ただしアプリに電話番号を登録したら、その番号宛に認証番号の連絡メールが飛びますから、それを教えてもらわなくちゃいけません。認証番号の有効期限は30分です。

よいクリスマスプレゼントになりますように。(^人^)

投稿: Takeru-chan | 2011年11月22日 (火) 22時26分

「お父さんの番号」って、私が父の携帯でSMS受信したら、
父は携帯で電話ができなくなるのですか?

しつこくてごめんなさい

投稿: 萊蘭 | 2011年11月23日 (水) 05時47分

わかりにくくてゴメンなさい。
携帯の通話やi-モードのメールとLINEは全く無関係なので、來蘭さんがLINEを使ってもお父さんは普通に電話は使えますよ。問題があるとすれば、お父さんがLINEを使いたくなったときぐらいかな。(^-^)
登録した携帯番号がLINEのログインIDみたいなもんです。

投稿: Takeru-chan | 2011年11月23日 (水) 20時18分

大丈夫なんですね、父は50代なので使わないと思います(笑)
中1の私でもわかる説明でよかったです
いろいろ質問してごめんなさい、ありがとうございます
コメント欄が大変なことになってしまってるので、
私のコメントは消しても構いません

短い間でしたけど、お世話になりました

投稿: 萊蘭 | 2011年11月24日 (木) 00時38分

コメント欄についてはこのままでも問題ないですよ。
本文で書ききれていない内容がたくさんありますから、他の人たちにも有益な情報になると思います。また何かわからないことがあれば、いつでもどうぞ。(^_^)/

投稿: Takeru-chan | 2011年11月24日 (木) 06時57分

こんばんは┏( ^o^)┛

ipod touch で line を使おうと
思ったら wi-fi 、無線などは
必要ですか?

投稿: key(^q^ ) | 2011年12月 8日 (木) 22時32分

key(^q^ )さん、ようこそ我が館へ!( ・∀・)
LINEを使うにはWi-Fiなどでインターネット接続が必要ですよ。
iPhoneだったら3Gで通信できちゃうんですけどね。

投稿: Takeru-chan | 2011年12月10日 (土) 01時42分

詳しく教えてくれてありがとうございます。

投稿: mio | 2015年6月 2日 (火) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546956/52112272

この記事へのトラックバック一覧です: NAVER LINEをiPod touchに入れてみた:

« NAGOYA OYSTER BAR | トップページ | Excelで予定表を作ってみた »